それでもつづく!

学生です。楽しい文章を書きたい。

“それでもつづく!”

バーエンドバーをグリップの内側に取り付ける方法・効果など【クロスバイク】

f:id:kmartinis:20171118180512j:plain

どうもこんにちは、けいいちです。

バーエンドバーを購入したので、レビュー、取り付けまで一気にいきたいと思います。

 

色々調べた結果、どうやらハンドルの内側の方に設置するのが安全みたいなので、そこらへんも解説しながら書きますね!

 

 

 

バーエンドバーの情報

Foglia(フォグリア)バーエンドバー ブラック

今回はこちらの白色バージョンを購入しました。

普段いくスポーツショップでは、こちらのバーエンドバーしか置いてありませんでしたが、アマゾンで探してみると様々な種類があると思います。

 

取り付けるメリットは?

簡単にスポーツオーソリティの店員さんに聞いてみました!

 

1. いろんなポジション・姿勢が取れて楽

バーエンドバーを設置すると、単純に持つ場所が増えます。

バーエンドバーを握らなくても、軽く添えるだけでかなり楽に走ることができます。

 

定期的に握るポジションを変えて、疲労分散の効果が期待できると思います。

 

2. 力が入りやすくて楽・早く走れる

f:id:kmartinis:20171118181151j:plain

 

フラットハンドルだと常に横持ちのため、疲れてしまいます。バーエンドバーを設置すれば、縦持ちになるため、体にハンドルを引き付けやすいです。

 

直線の道では、かなり便利に感じています。

また、安定はしませんが、坂道で立ち漕ぎする際もバーエンドバーを握ると、力が伝わりやすくて便利です。

 

3. 見た目がかっこいい

これももちろんあります。設置しただけで、なんとなく愛着が湧いていい気分になれます。

自転車にまたがるのが、より楽しくなると思います。

 

内側につけるのはなぜ?

1. とっさのブレーキがかけれて安全

f:id:kmartinis:20171118181210j:plain

 

個人的にこれがいちばんの理由です。グリップの外側につけてしまうと、

「バエーンドバーを握った状態からのとっさのブレーキ」

がかなりやりにくいとされています。

 

内側につけていればバーエンドバーを握っていても、ブレーキまでの距離が短く、安全に走行できます。

 

2. 外側につけるよりも楽な姿勢が取れる

これは主観ですが、ハンドルの外側のバーエンドバーを握っているとどうしても肩が広がってしまい、疲れる印象があります。

実際に友人のバイクにまたがった際に実感しました。

 

内側に設置すれば脇を締めた状態で走行することができるので、比較的楽です。

 

3. モノや人にバーエンドバーが当たる心配がない

外側に設置する場合、どうしても障害物に当たってしまったり、車に当たらないか心配です。何かに引っかかってしまったら笑い事じゃすみません…。

 

その点、内側に設置するのは安全と言えると思います。

 

バーエンドバーを内側に設置する手順

f:id:kmartinis:20171118180516j:plain

というわけで、設置作業に移っていきます。

画像は僕の所持している「GIANT ESCAPE r3」です。2016年のモデルです。

 

今回用意したもの

f:id:kmartinis:20171118180521j:plain
バーエンドバー本体

 

f:id:kmartinis:20171118180525j:plain
六角レンチ

 

f:id:kmartinis:20171118180607j:plain

ドライバー

 

以上、3点です。

おそらくこれくらいなら、家庭に一つくらいはあると思うので、すぐに設置作業に取りかかれるかと思います。

 

まずはハンドルグリップを取り外す

f:id:kmartinis:20171118180529j:plain
まずはハンドルグリップを六角レンチを使って取り外していきます。写真の通り、突っ込んでひねってやるだけです。

 

f:id:kmartinis:20171118180533j:plain

簡単に取れました

 

続いてシフターを取り外す

f:id:kmartinis:20171118180541j:plain
シフターとは、手元にある変速機のことです。

 

先程と同様、六角レンチを使って取り外します。

 

f:id:kmartinis:20171118180539j:plain
取れました

 

ベルを緩めてずらす

f:id:kmartinis:20171118180610j:plain
続いてはこちらのベルをハンドルの内側へとずらしていきます。

こちらの作業はドライバーを使用するので、ご注意ください。

 

f:id:kmartinis:20171118180613j:plain
かなり内側までずらせました

 

ここまで行ったら、取り外したシフターとハンドルをくっつけて、間にバーエンドバーを取り付けていこう!

って考えてたんですが、ダメでした…!

 

f:id:kmartinis:20171118180617j:plain
このように反射板にシフターが接触してしまって、なかなか内側へ動いてくれません。

 

作戦変更。ってわけで反射板を外します

f:id:kmartinis:20171118180623j:plain
こちらもドライバーで対応

 

f:id:kmartinis:20171118180624j:plain
うまく取れました

あとは、ベルをハンドルの内側に装着して、取り外したシフターとハンドルの間にバーエンドバーを装着して完了です。

 

バーエンドバー装着完了

f:id:kmartinis:20171118180626j:plain
こんな感じにうまく設置することができました。

 

f:id:kmartinis:20171118180629j:plain上から見たらこんな感じ。

右側のほうも、同じ工程でつけていきます

 

f:id:kmartinis:20171118181557j:plain
これで無事、装着完了です。いい感じになりましたね 

 

追記:反射板をつけた状態でもできました

f:id:kmartinis:20171118181607j:plain
夜間に走行する際の安全面を考えると、どうしても反射板があるに越したことはないなって思って試行錯誤した結果、反射板をつけた状態でもバーエンドバーを設置することができました。

(自分のライトは充電式なので、充電切れや故障等のもしもの時のため)

 

写真を見ていただければわかりますが、

  • シフターの角度を変更
  • ベルの角度を変更

これらによって、可能となりました。

 

こちらのデメリットとしてはギアチェンジがしにくいことです。がしかし、自分は通学用として使っているので頻繁にギアチェンジをしませんし、利便性よりも安全の方が大切なのでこちらのままでいくつもりです。

 

f:id:kmartinis:20171118181610j:plain
一応反対からも撮影しました。少しシフターの角度が左右でずれているので、使用感次第で直そうと思います。

 

乗って実感。バーエンドバーを取り付けるメリット・効果

取り付けて数十回と乗っていますが、感じたこととしては

 

  • バーエンドバーを握ることで楽な姿勢が取れる
  • 前傾姿勢が取りやすく、早く走れる
  • 何より自転車乗ってるのが楽しい!

 

こんな感じですね。他にもブレーキを握りつつ、バーエンドバーに親指をかけるっていうのがお気に入りのホームポジションだったりしますが、何より走っていて気持ちいい!楽しい!っていうのが大きいです。

 

こうやって自分の自転車を触るのは初めてなので、愛着が湧いてよかったと思っています。

 

まとめ:バーエンドバーを設置して楽しいバイクライフを!

設置するだけで、通学が楽しくなりました。

バーエンドバー、オススメです!

 

 

追記:冬の冷たさは異常。カーボン製にすればよかった…

設置してすぐに冬がやって来ましたが、バカみたいに冷たくてなかなか握れません…

 

さすがアルミ製ですね…

これに関しては、カーボン製のものを購入することである程度軽減されるみたい。あらかじめ調べておけばよかったな、ってちょっぴり後悔しました。

 

最後にカーボン製のバーエンドバーで、人気なやつを貼っときます!