それでもつづく!

学生雑記。楽しい文章を書きたい。

“それでもつづく!”

【初心者向け】ヒッチハイクの方法やコツ・持ち物をまとめたよ!

 どうもこんにちは、けいいちです。

f:id:kmartinis:20170113220131j:plain

  

僕は先日、友人と二人でヒッチハイクで、名古屋〜東京を往復してきました。

 

以下が、その時の記事。読んでいない方はぜひ! 

kmartinis.hatenablog.com

kmartinis.hatenablog.com

 

今回は、持ち物(カバンの中身)だとか、コツ、そしてヒッチハイクをして感じたことを初心者なりに書いていこうと思います。

 

ただ、こんなタイトルをつけていますが、、、

実は僕らが載せていただいた車は10台もないんです笑

(追記:以降、なんどもヒッチハイクしてます。なお数は数えていない模様)

 

しかし、それだけでもある程度掴んだコツがあります。

 

たったそれだけでも、わかったコツ!

逆にやる前はわからなかったコツ!楽しみ方!

 

 

実際、僕らが初めてヒッチハイクをした時、乗せてもらうまでに1時間かかりました。

しかし、その後は大半が30分以内に止まってもらうことができました。

 

その違いはなんだろう?ということを考えながらまとめます!

 

目次

 

ヒッチハイクのコツ

ヒッチハイクをするオススメの場所 

ヒッチハイクをする上で、車がすぐに止まってくれる最適の場所は、

サービスエリアです。これは間違いない!

 

f:id:kmartinis:20170115152301p:plain

 

それに比べて僕らが始めたインターチェンジはかなり難しい!

 

「みんな向かう方面は同じはずなのに乗せてくれる人が少ない。

なんでだろう〜」

始めはずっとこう思っていました。

 

この原因として大きいのは

  • かなりスピードが出ていること
  • 高速道路への分岐の方向によっては、止まるのが難しい

ということがあげられます。

 

f:id:kmartinis:20170113214836j:plain

 

僕らが乗せてもらえたのが奇跡と思えるくらい、あのインターチェンジでヒッチハイクするのは無謀でした…

 

3車線もあったので、東京方面へ行く車は全て歩道と反対側の右車線によっていたんですね。これは2車線でも同じ。

 

だからインターチェンジでヒッチハイクする際は

  • スピードが緩くなる信号の手前か少し奥!
  • 分岐がどうなっているかを確認して、高速に乗る車がどの車線にいるか、その車にアプローチするにはどの位置に立てばいいか、を考えること!

が大切です。

 

大前提として、車が止まることができる路肩スペースがあることは絶対です。

なんども言いますが、ICでのヒッチハイクは難しいです(笑)

 

インターチェンジはオススメしないよ!

 

もし初めてやるなら、近くのSAまで徒歩で行くのをお勧めします!

 

え、徒歩で行けるのかって?

いけます。

 

これ普段全く意識してなくて知らなかったんですけど…

実際、僕らはPAから徒歩で下道に降りて、帰りましたからね!

 

ただ、そのSA・PAは限られているのでこちらを確認するか、事前に問い合わせしておくといいと思います。

【SERVICE AREA】全国 徒歩で入れるサービスエリア一覧 – GO RIDE NEWS

 

ヒッチハイクをするときの立ち方

まずは車に自分達に気づいてもらって、行き先を見てもらうことから始まります。

 

場所がわかったら今度はどうやって立ってアピールするか。

個人的に思うのが…

ただボードを持って立っているだけじゃ物足りない!

ということ。

 

僕自身は、SAで前を通った車に対して、一歩前に出るように近づいて、

「どうですかね…?」というように片手でグーサインを振っていました笑

 

(立っているだけでも捕まるんで、心配はいらないです!)

 

大切なのは、いかに興味を持ってもらうか。

 

f:id:kmartinis:20170115152820p:plain

 

そのためには絶対に笑顔を絶やしてはいけません!僕はずっと笑っていました。

 

…ずっと笑うのなんか難しい?

 

心配しないで。楽しくなって必然的に笑顔になれます。

何よりドライバーの人に反応してもらうのが嬉しい!

 

前の記事にも書きましたが、手を振ってくれたり笑ってくれたり

「ごめん!」というポーズをしてくれる方までいます。

 

一番嬉しかったのは、

ヘルメットをかぶったライダーが僕らの前でグーサインをくれたとき。

 

こんなの嬉しすぎる。

 

笑顔で積極的に前に出ようぜ

 

 

ヒッチハイク中の行き先の書き方

僕らは初め、名古屋のICで「東京方面」と書いたボードを持って立っていましたが、

色々なドライバーの方に「もう少し刻んだ方がいい!」アドバイスをいただきました。

 

なので、この時は「静岡」あたりを描くのが良かったと思っています。

 

名古屋→東京だったら、とりあえず間にある「静岡」を目指そう

 

(まあ、東京・大阪みたいな都市ならば、必然的に向かう人も多いので、名古屋→東京でも乗せてもらえるパターンが多いです。その辺は臨機応変に。)

 

そうやって、刻んでいった方がお世話になる方との新しい出会いも増えて、楽しいですよ〜

 

ヒッチハイクって何がいいの?

まず言います。

ヒッチハイクはメリットだらけ!

 

  1. 移動のお金がかからない
  2. 自分からは絶対に関わりに行かないであろう人と出会える
  3. コミュニケーションの力がつく
  4. 一歩踏み出す勇気が得られる

大きいところでこれくらいかなぁ。

 

この記事を書いてからも、何度もヒッチハイクをしてるんだけど、

2の点が一番「いいなあ」っていう風に痛感してる。

 

学生の身だと、よく知ってる職業って、

先生みたいな公務員と、せいぜい親の職業くらい。

 

1、2度職場体験みたいなのができても、たったのそれだけなんです。

 

ヒッチハイクをしていると、全く知らない職業だったり、興味すらなかった職業について、その道で食べている人からの話がめちゃくちゃ聞けます。

これは本当に大事。

 

視野が広がると思います。

 

ヒッチハイクに必須なアイテム 

f:id:kmartinis:20170115153342j:plain

 

リュックサック

僕はノースフェイスのリックサックを日常で使ってますが、

(結構人気だよね?持ってる人多いと思う)それで十分です。

 

 

一番のポイントは、かっこよさよりも容量。

何日間の旅行を検討しているか?によってだいぶ変わってきます。

 

この容量は、季節によっても左右されます。

例えば、夏であれば薄いTシャツの着替えがあれば十分ですけど、

冬だと、コートだとかぶ厚めの衣類が多くなってきます。当然かさばるのは冬。

 

よく言われるのが、10Lで1日を目安にしよう!ということ。

 

仮に2泊3日のヒッチハイク旅行をする場合は、

夏なら20Lのリュックサック冬なら30Lのリュックサック

 

ってのを目安にしてみてください!

 

サインペン 

この、「極太」を買うのが一番いいと思います。

持ち物に名前を書く時のマッキーでは、なんども線を足さないと目立ちません。

 

とにかく目立って、ドライバーさんに確認してもらう必要があるので、

太ければ太い方がいい!

 

ちなみに赤や青色を使って目立たせるのも、いいと思います。

 

スケッチブック 

このスケッチブックを持っていれば、〝ヒッチハイクをしている感〟が増します笑

スケッチブックでなくてもクロッキー帳があれば十分です。

僕は学校の美術の時間に使っているようなクロッキー帳を持って行きました。

 

このスケッチブックと同じ「マルマン」のクロッキー帳でした。

 モバイルバッテリー

旅行中は、地図を確認することが何度もあります。

www.soredemotbc.com

 ↑この記事では、なんとか日帰りで家に帰ろうと、パーキングエリアから下道に降りて、最寄りの駅を探し、猛ダッシュしてます。スマホの充電なかったら死んだ。

 

SAにいるときも、「お昼ご飯何にしようかな」って時にググれば、

SA限定のご当地グルメがあったりします。

 

充電切れだけは避けたい!(めちゃくちゃ不安になるw)

 

ってことで、多めのがいいと思います。

これも何日間の旅行か、だとかスマホの機種によるんだけど、

 

iPhone6sの場合は、

5000mAhで2回、10000mAhで4回充電ができると考えてください。

(参考:失敗しないモバイルバッテリーの選び方と、おすすめ製品7選【16年版】 - 日経トレンディネット

 

買うとしたら10000mAh以上がいいかと。

大きくて困ることはほとんどないですしね!

▼おなじみ、アンカーのモバイルバッテリー。10000mAhです。

アマゾンで2000円ちょっと。(2017/08/21現在)

▼価格はほとんど同じにして、容量2倍の20000mAh。

かなりお得だと思う。(アマゾンで2000円台。2017/08/21現在)

 暑さ・寒さ対策グッズ

まずは夏の暑さから。

ヒッチハイク中は、電車のような環境で涼めないし、いつ車が止まってくれるかもわかりません。

炎天下の中、ずっと立ってるのは熱中症になりかねないしまあ危険!

ってことで、あったほうがいいものをリストアップしときます。

 

帽子
アクエリアス等、塩分と水分が摂取できるもの
ファブリーズ等の消臭剤

 

帽子は家にあるものを。アクエリアスは自販機で買えます。

ファブリーズは暑さ対策とは少し違いますが、汗で衣類が臭うのを防ぐためです。

 

車に乗せてもらう身なので、清潔でいたほうが、

運転手さんにも好印象を持ってもらえると思います。

 

消臭関連でもう一つ紹介するとすれば、足のにおいと、わきのにおいを決定的に抑えてくれる、これら。

本当にあるのとないのでは全然違います。初めて使った時はびっくりした。

 

わき汗用。薬局でも買えます。一つ600円ちょっと。

こっちは足のにおいを消してくれるやつ。同じく薬局で買えます。

 

次に冬の寒さ対策 。

こっちもあるといいものをリストアップしときます。

 

ユニクロのヒートテック
カイロ(コンビニで買えます)

 

僕は野宿対策で、「ドラえもんが書かれた可愛らしい分厚い毛布」を持って行きましたが、使わなかったので終始邪魔でした。

 

ヒッチハイクをして感じたこと

最後にこれをまとめます。

ヒッチハイクは「すごい」の?

f:id:kmartinis:20170115153126j:plain

僕は前の記事でこう書きました。

 

最高に楽しかった。僕が遊びを知らないだけかもしれないけれど、これ以上楽しい経験をしたことがないかもしれない!というくらい新鮮でワクワクした旅でした。 そして得たものもすごく大きい気がします。形はないけど何かアクションを起こす時の勇気を培った気がします。 ヒッチハイクは一度吹っ切れてしまえば、なんでもないと思えるくらい、「なんでもない」んです。 実は、乗せてくれるドライバーの方がすごい!(その点にはまた別の記事で書きます!)

高校生の名古屋〜東京往復ヒッチハイクの旅【2】 - それでもつづく!

何が言いたいかというと…

ボードをあげるのに抵抗があったのは最初の一回で、一度成功するともうへっちゃらなんですね。

 

「ヒッチハイクってすごい。勇気いるよね。」という意見があります。

 

僕も始めはこう思っていたのですが、一回ヒッチハイクに成功してからは、実はなんでもないくらい僕らの勇気は必要ないことに気づきました。

 

結局アプローチの問題。
「いかにして次の目的地まで行くか」と考えるのが本当に楽しい!

 

更に言えば、すごいのは僕らでなく、乗せていただける運転手の方です!

僕らはヒッチハイクをするにあたって、たくさんの時間を使って「頑張ってみるか!」と冷静に考えることができますが、運転手の方は違います。

僕らが視界に入って、乗せてあげようと決意するのに1分もないんですね。
その決断力は僕では到底ありません。

 

そもそも僕らのヒッチハイクで得た最高の体験のベースとなっているのは

僕らを乗せてくれるドライバーさんの優しさです。

そのことを絶対に忘れてちゃだめですなぁ!

 

日本に生まれてよかった。。

 

僕の成長と出会い

僕は改めて思ったことがあります。

やっぱり、新しい出会いは最高に楽しいしワクワクする。

人の目が気にならない世界で生きるのはやっぱり最高ですよ。

 

そして必ず自分を成長させる!

 

僕はこのブログを開設した最初の記事でこんなことを書きました。

kmartinis.hatenablog.com

 

そう。僕はまだ何もしていないに等しいんだった。もっとたくさんできることをしてそれから考えればいい。僕のこれからも捨てたもんじゃないな。 だから僕はもっとフットワークを軽くしていろんなことに挑戦して行きます。その一つとしてこのブログも書きました。これから挑戦する様々なことは継続してここに記していくつもりです。これからが楽しみだ!!!!!!!!!!

僕のこれまでとこれからの話〜へんな手紙と起業願望〜 - それでもつづく!

 

やっぱりヒッチハイクをして間違いなかったと心から思えるし、これで満足して終わらせたくない!とも思います。

 

これからも、たくさんのことに挑戦したいと思っています。

やりたいことなんて100個や200個じゃ収まりまんないしね!

 

皆さんも是非色んなことに挑戦してみてください。

また、この記事を見てヒッチハイクをしたよ!という方はコメントをいただけるとありがたいです!

 

そんな感じっ。それでは!

 

合わせて読んでね

www.soredemotbc.com

kmartinis.hatenablog.com

kmartinis.hatenablog.com