それでもつづく!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでもつづく!

学生雑記。楽しい文章を書きたい。

“それでもつづく!”

ジャンプ力に定評はないけど、顔ハメなら前からやってるっていう話

どうもこんにちは、けいいちです。

 

突然ですが皆さんの周りに、「ジャンプ力に定評がある」方はいるでしょうか。

いませんね。わかります。

 

しかし、はてなブログにはいるんです。

 

その方がこちら。

 

www.meadameada.net

はてなは広いですね〜。

 

「ジャンプ力に定評がある」というフレーズだけでブログを確認してみたくなりますが、一度訪れてみてください。

 

めっちゃ面白いです。

 

最近でいうとこれなんかはツボにはまりました。

 

www.meadameada.net

 

詳しくは記事を読んでいただければわかると思いますが、「本気で社会問題に立ち向かおうとアクションを起こすような学生の団体が集まる大会でグランプリを取った」という内容です。

 

なにが面白いかっていうと、ジャン前さん(ここからジャン前さんと呼ばしてもらいます)が会長を務めた学生団体。「ペットの殺処分を無くしたい」、「海外の子供たちに笑顔を届けたい」、「差別を無くしたい」みたいな志を抱いた多くの団体の中で、準優勝した学生団体。

 

それが『顔ハメパネル製作者の意図を無視する協会』なんです。

 

ん…?って思うでしょ?

は…?って思うでしょ?



とりあえずみて欲しいんですけど、、

 

例えば、これ。

 

『離れて写る』だそうです。

 

f:id:kmartinis:20170224222008j:plain

 

次にこれ。

『出す部位を間違える』だそうです。

 

f:id:kmartinis:20170224222151j:plain

 

最後にこれ。

『欠席する』だそうです。

 

f:id:kmartinis:20170224222234j:plain

 

天才でしょうか。

 

はじめ読んだときは、

 

「『顔ハメパネル製作者の意図を無視する協会』?えぇ?」

 

って思ったんですが、徐々に

 

「スゲェェええええ!!!!!!!!!かっこいいいいい!!!!!」

 

っていう感情を抱くようになりました。僕には到底思いつかない。

 

しかし最近あることに気づいてしまったのです……。

 

きっかけは一枚の写真だった

僕が修学旅行に行った時の写真を見ていた際、ある写真が目に止まりました。

 

「あれ?この写真って……」

 

そしてある事実にたどり着きました。

もうこの事実を目の前にした僕は、背筋に氷を当てられたように身震いしたほどです。

 

問題の画像がこちら。

 

f:id:kmartinis:20170224182654j:plain

 

……!!!!!!!!!!!!!

 

これは、、

 

『顔ハメパネルではない広告パネル(なんか知らないけど空いてるやつ)にあえて横顔をハメる』

 

という作品です。(完全に後付け)

 

もしかしたら、その才能がもともと自分にも備わっていたのではないか。。。

 

ここで皆さんが気になるのは、

「えぇ?これ顔ハメパネルじゃないじゃん!失格失格!帰れ!」

ということだと思います。

 

しかしながら、こちらをご覧ください。

ジャン前さんのブログにはこのように書かれています。

 

f:id:kmartinis:20170224221838j:plain

 

顔ハメパネル製作者の意図を無視した写真を自由に投稿できるようにしているのですが、会員の一人が投稿した写真、こちらをご覧ください。 『顔ハメパネルではない製作物に顔をハメて横から撮る』だそうです。 彼には厳重注意しておきました。 ただし、めちゃくちゃすぎるので僕は一周周って好きです。

顔ハメ無視協会の副会長がぶっ飛びすぎてて解雇レベル - ジャンプ力に定評のある前田

 

 

つまり、

『顔ハメパネルではない製作物でも、顔さえはめれば厳重注意はされるけれどなんとかなる』

ということ。(多分)

 

しかも、“一周回って好き”とおっしゃっているくらいですから、作品として認められるべきでしょう。

 

「顔ハメ」っていう才能

僕はジャンプ力に定評はありませんが、確かに「顔ハメ」の才能はあったのです。

 

もしかしたら僕にだって「顔ハメパネル製作者の意図を無視する協会」の会長を務めることができたかもしれない。

しかしながら、僕とジャン前さんには決定的な違いがありました…。

 

それは、

「あ、これ団体としていけんじゃね?」

っていう想像力。

 

そして、実際に団体を作って、学生団体の日本一を決める大会で準優勝してみせる創造力。

 

僕にとって「顔ハメ」は何気ない日常の一部でした。

観光地に行ってパネルを見つけたら少しでも面白くなるように工夫しますが、それでも「なんでもない」ことだったのです。

 

しかしジャン前さんは違う。

なにもないところから価値を生み出す、0から1を創造する力を持っています

 

強い。。強すぎる。。。

 

僕もその能力を少しずつ培っていくつもりなので、時々跳躍でもしながら、高いところで待っていてください。

 

終わりに

ちなみになんですけど、この画像クッソ優秀だと思うんですよ。

試しにツイッターのアイコンに設定してみたところ、このようになりました。

f:id:kmartinis:20170224185344p:plain

すごくないですか、この洗練されたデザイン。

 

勝手にアイコンサイズを二分化して、その左側に収まってみせる。

 

芸術かよ。

 

強いていうならば、シュールさが少し足りない。

もっとシュールな顔で写っておきたかったです。

 

 

とはいえど、結構気に入ったので、しばらくこのままにしておきます。

 

最後に、ジャン前さんを知らない方で、「なんでジャンプ力に定評がある」の?って疑問に思った方はこちらの記事を読んでおくといいと思います。

 

www.meadameada.net

もし記事を読みながら一回笑ったらビンタ!ゲームをしてしまったら、記事を読み終わる頃には片方のほおはなくなっているでしょう。

 

それでは。

 

(画像は使用許可をいただいております)