Entrance Part2

だらだらダイアリー。心を解き放て

革製品の手入れに。コロンブスのレザーケアキットを購入しました|使用感レビュー

f:id:kmartinis:20171220174145j:plain

革製品はかっこいい。大人っぽさが演出できるし、何より手にしていて心が踊ります。

ただし、革製品はメンテナンスを入れてやらないとひび割れしてしまうことも。かっこよさ半減です。

「よし、メンテナンスしてみよう。」だからと言って、初めから高いクリームは手が出せない…そんなわけで、お手軽で人気のセット商品、買ってみました。

 

買ってよかった。[コロンブス]のレザーケアキット

f:id:kmartinis:20171220174206j:plain

セット内容を説明します。(※写真右のペンケースは全く別の商品です)

  •  1:Brillo  皮革用ツヤ出しワックス レザーコンディショニングクリーム本体1点(クロス1枚付)
  • 2:エチケットテレンプ1枚
  • 3:クリーム塗布用スポンジ1点
  • 4:馬毛ブラシ(小、ハンドルタイプ)1本+オリジナルレザ-ケアブック

簡単に言うと、クリーム・拭く布・スポンジ・ブラシ、の4点です。全てCOLUMBUS (コロンブス)商品。

ブラシ、本格っぽい。クリーム、かっこいい

f:id:kmartinis:20171220174126j:plain

f:id:kmartinis:20171220174239j:plain

今から、なんかすごくオシャレなことをする予感がして来た。早速、手入れやって来ましょう。

手入れの手順。メンテナンスはゆっくりじっくり

f:id:kmartinis:20171220174214j:plain

愛用しているジブン手帳のカバーをメンテナンスしてみます。あ、この革カバーは自作したものです。興味ある方は見ていってください。

【ジブン手帳】革製の手帳カバーを自作したので紹介します - Entrance Part2

 

一点、注意。革の種類によっては、色落ちしてしまったりシミができたりしてしまう可能性があるみたいです。まずは、目立たない場所でテストして慎重にやっていきましょう。

1.ブラシで皮革表面についたホコリを落とす

f:id:kmartinis:20171220174204j:plain

優しく擦ります。毛は割と柔らかいので、「傷ついてしまう」みたいな心配はないですが、あくまでホコリを落とすまで。やさしくいきましょう。

また、この作業はブラシ以外に布で行っても結構です。この作業はすぐ終わりますが、次が大事。

2.クリームを薄く塗りのばす

f:id:kmartinis:20171220174145j:plain

蓋を開けて、塗っていきます。クリーム、と表記してますが、実際の質感はプルプルしてます。まるでゼリーみたい。

 

f:id:kmartinis:20171220174218j:plain

塗る道具はスポンジ。まずはスポンジの先に、ちょんとつけて、塗り伸ばしていきましょう。大事なことを一つ。塗るのは少量です。本当に少量。

 

f:id:kmartinis:20171220174228j:plain

こんな感じ。これ、結構伸びます。なんで、案外早く塗り終わりました。もっとそれっぽく、息を吹き込むようにじっくりやってやりたかったんですが、予想外に伸びる。憎いな。

まぁ、よく伸びて全体に行き渡ってくれるのは、色むらができにくくありがたいことです。スポンジの摩擦熱で、革の内側までクリームが染み渡るのが理想です。手の体温も使って、じっくり染み渡らせましょう。

 

3.仕上げに乾いた布で磨く

f:id:kmartinis:20171220174235j:plain

現段階、つまりオイルクリームを塗り終わった段階で、革は少々ベタついています。なので、少し放って置いてあげるのが理想。浸透をゆっくり待ちましょう。

それから布で拭いてやります。もちろんこれもセット内容。これを使って仕上げです。よし。

 

f:id:kmartinis:20171220174137j:plain

クリームが残って、ベタベタしている部分を重点的に拭いていきます。ベタベタしてるとカビとか生えかねませんからね(知らんけど)

 

f:id:kmartinis:20171220174232j:plain

できました。終わりです。

手入れ後、綺麗な飴色に

f:id:kmartinis:20171220174200j:plain

こちら、片面だけ手入れしてある状態の写真。わかりますでしょうか。写真では伝わりにくいかもしれませんが、カバーの右面(画像右)だけ手入れしてあります

じっくり見てみると、色がこんがり飴色に、綺麗に仕上がっているのがわかると思います。現物は予想以上にいい感じです。

また、手で触れた時の質感も変化します。乾燥が解消されたので、カサカサだったのがしっとりします。よかったですね。

まとめ:革製品を長く愛そう

革製品ってのは不思議なもので、使えば使うほど味が出てきます。しかし、メンテナンス無くして長く使うことはできません。手入れあっての輝きというのがあるみたいです。これは今回、一連の作業を経ての気づき。

自分だけの、自分の革製品だけの深い色艶。エイジングを楽しみ、長く愛していきたいですね。

今日は、手軽で安価に革の手入れができる、COLUMBUSのレザーケアキットを紹介しました。家にこれ一つあるだけで、愛着ある品と長く付き合えますよ。