それでもつづく!

学生雑記。楽しい文章を書きたい。

“それでもつづく!”

Macの2ファクタ認証「同じ数字しか打てない!」って時の解決策

どうもこんにちは、けいいちです。

 

《本日紹介したいのは、Macの2ファクタ認証の確認コードでトラブった時の解決策です。》

 

先日、以下の記事にあった通り、現在持っているMac miniを売却する準備をしていました。

 

kmartinis.hatenablog.com

 

よしやるか!と思い立って、Macを売却・譲渡する時に絶対やるべき作業【2016年版】 | iTea4.0といった記事を参考にさせていただきながら、作業を進めることにしたんですが、、、

 

1.iTunesからコンピュータの認証を解除する

 

と言う部分からつまづいてしまいました笑

 

と言うのも、「認証を解除する」あたりまでは誰だってすぐできますよ。

ただ、2ファクタ認証がちょっと曲者だった…

 

確認コードはわかるけど2ファクタ認証って?

とりあえず、「2ファクタ認証」ってなに?!って方のために解説を。

 

僕も初めはよくわからなかったんですけど、公式サイトの説明で十分に理解できましたので、アップルの公式サイトより引用させていただきますね〜。

 

Apple ID の 2 ファクタ認証
2 ファクタ認証は、Apple ID の認証を二重化することでセキュリティを強化し、たとえパスワードが他人に漏れても、本人以外はアカウントにアクセスできないようにする認証方式です。

 

簡単に言えば、自転車のツーロックみたいなものでしょうか。(色々違う面もあるでしょうが)まあセキュリティーの強化に必要なシステムみたいですね。

 

今、どんな症状?

僕の症状はこう。

AppleIDを入力後、iPhoneに6桁の数字が表示され、それをPCに入力する時、

ここでキーボードがバグったようになって、まともな入力ができなくなりました。

 

多分みなさんもこの状況なんじゃないかな?

 

例えば、「123456」と打ちたいのに、「111111」にしかならない、とか。

あれおかしいな?なんて思ってdeleteキーを押しても、逆に数字が入力されてしまう、とか。

 

キーボードを純正のワイヤレスキーボードからバッファローの有線キーボードにしてみても、PCを再起動してみても全く治りません。

 

自分はこの症状に30分以上悩まされたのですが、実際は1分もかからず解決できますので心配いりません!

 

以下に方法を記載します。

 

f:id:kmartinis:20170129213624j:plain

解決策はいたって簡単。

数字を入力する時に、入力モードを「英字」にするだけ。

 

ね、できたでしょ?

 

一応やり方を記載しておくと、

 

f:id:kmartinis:20170129212133p:plain

こうなっているのを、

 

f:id:kmartinis:20170129212201p:plain

こうするだけです。

 

あまりに単純すぎて、30分もかけた自分がアホらしいっすわ。

なんで数字入力をした時にアンダーラインが表示されてるのを疑問に思わなかったんだろう…と若干後悔しております。

 

にしても自動的に半角にしてくれればいいのに〜!!

 

と嘆きながらお別れです。

 

それでは。

 

 

 合わせて読みたい

kmartinis.hatenablog.com