それでもつづく!

学生雑記。楽しい文章を書きたい。

“それでもつづく!”

【レビュー】リヒトラブのスタンドペンケースのメリット・デメリット

f:id:kmartinis:20170213211804j:plain

 

どうもこんにちは、けいいちです。

 

今日は僕が半年ほど使用したペンケースのレビューを、メリットとデメリットに分けて書いていきます。

 

様々なメディアで取り上げられているこちらの商品のレビュー、買う前に見ておいて損はなし!

 

目次

 

 

リヒストラブ スタンドペンケースとは?

 

youtu.be

 

とりあえずユーチューブにアップされている動画を見てもらうのが一番早いかも。

 

色の種類もまあまあありますね。

f:id:kmartinis:20170213190656p:plain

SMART FIT ACTACT スタンドペンケース|製品情報|株式会社リヒトラブより)

 

まあ商品の概要は上記のHPから見てもらえばわかるので、さっさとレビューに移りますね〜

まずは僕が感じたメリットから!

 

スタンドペンケースのメリット

おしゃれなデザイン

まずはこれです。単純に形が面白いし色も鮮やかです。シュッとしていてカバンの中で場所を取らないし持ち運びも楽。色については、僕が買ったのはイエローグリーンというやつ。かなり好きな色です。

 

便利

多分ほとんどの店舗で、「便利グッズ」みたいなコーナーで販売されている気がします。そう、便利。動画の通り、1秒あればペンスタンドとして自立できるように変形できます。最近、他の製品でも自立するタイプのものがありますが、変形までの時間はかなり早い方だと思います。

 

だって、

 

ストンッ

 

だけですからね〜。

 

触り心地がいい

動画でも紹介されていましたが、素材がシリコンなので表面サラサラです。持った感触はプニプニしていて柔らかいし、すごく触り心地がいい。素材に関して言えば、簡単に洗えるという点も動画で紹介されていました。僕は一度も洗いませんでしたけど。

 

 

ここからはデメリットを紹介したいと思います。本当に紹介したいのはここから。。

 

スタンドペンケースのデメリット

消しゴム、どこにやればいいの?

スタンドタイプあるあるです。

 

「消しゴムをどこに収納すればいいんだよ!!」

って思いました。

 

他社の製品では、自立式のものでもポケットがついていたりしますが、この製品は一切ありません。まあスタイリッシュなデザインだから仕方ないかもしれないけど…。

 

ただ、毎回消しゴムを取り出すたびにペンケースを傾けて探すのが本当に面倒くさい!

底にちょっとした溝があるので、そこに消しゴムが入ってしまうことが大半なんですが、同時に入れられているペンや定規が覆いかぶさっていて取り出しづらい。なんなら毎回ペンを全て取り出す必要があります。ここ、かなり深刻ですわ。

 

デザインが面白いだけに、めっちゃ触られる

これは、学校に持って行った初日に感じました。

 

とにかく触られる。

 

いや、興味を持ってもらえるから良いことかもしれないけど、ペンが入っている状態でそこの出っ張りを収納しようとされるのは困るって!

 

ちなみにこれ、5回は「いや、そうじゃねえ!」って止めました。

 

軽いものは、開けた拍子に吹っ飛ぶ

僕の愛用している青鉛筆。勉強には欠かせない存在となっているんですが、、

 

スタンドに変形する際に、ロケットのように上へ吹っ飛ぶことがたまにあります。

 

こわい。。

 

耐久性なさすぎ

扱いが雑だったからかな…

 

半年でぶっ壊れました。

 

まあ半年使えたら十分って思う方もいるかもしれませんが、気に入っていただけに残念です。。冬だからシリコンが固くなっちゃったのかな…。

 

f:id:kmartinis:20170213211303j:plain

 

これね、さっきAmazonレビュー見てみたら1ヶ月とかで壊れてる人いた。もっと言うと数日とかで壊れている人もいたし。

 

他の壊れ方に、「シャーペンがぶっ刺さった」ってのがあるらしいです。シリコンだから刺さってもおかしくはないかな。。

 

数百回変形を繰り返したら破れそう。やっぱり耐久性ないです。

 

もう一つ言っておきたいのは、亀裂が入ったらもうおしまい、ということ。

商品の性質上、変形の際にどんどん亀裂が広がっていきます。

 

デメリットを改善するための解決策

消しゴム超絶取り出しにくい問題

まずは消しゴムが超絶取り出しにくい件について。

僕はこんな感じのペン型の消しゴムを一緒に収納していました。

 

 

 

 

もちろん、普通の消しゴムがないと不便な時は取り出して、一文字間違えてしまった程度の時は、サッと取り出せるこちらを使っていました。

 

入れてみて気づいた。

 

この消しゴムすげえ便利。

 

一文字消したいだけなのに、上下左右の文字が中途半端に消してしまった経験ありますよね?それが一切なくなって、イライラが減りました。

 

出会いをくれてありがとう、スタンドペンケース。

 

めっちゃ触られる問題

学校や職場に持っていったその日のうちに、みんなに

 

「私が買ったこのペンケースはこんな変形ができるんだよ!!!!!!!!

 

 

、、、、、ね?もう興味ないでしょ?」

 

と言うように、みんなのペンケースに対する興味をなくしておきましょう。

 

 

ほぼ不可能です。

 

耐久性なさすぎ問題

変形の回数を減らすか、ペンケースならペンケース、スタンドならスタンドといった一つの使い方に絞りましょう。

 

もはや意味ないです。

 

あ、シャーペンが刺さるってやつは、先を上(手前)に向けるだけでかなり改善できると思います。

 

まとめ 

 結論を言うとあまりお勧めはしません!と言うかオススメできない!

 

壊れてから思うことは、

「もはやこの変形機能いる?」

ってこと。

 

ペンケースを変えて気分も変えよう!くらいのノリであれば買う価値があるかもしれません。カッコイイしね。カワイイのかなぁ。

ただ、長く使えるものが欲しい!と言う方はやめておいたほうがいいです。

 

って言う正直すぎるレビューでした。

 

次どんな筆箱買おうかな!

それでは。