Entrance Part2

だらだらダイアリー。心を解き放て

200円の自家製炭火焼ソーセージに泣かされた日

お久しぶりです。調子がいいので、20日(以上かな)ぶりにブログを書いてます。

 

うつろです。無気力、不眠、そして食欲不振。他にも、頭のボーとする感じだとか腰痛だとかあげだしたらきりがないんですが先ほど挙げた「食欲不振」はかなり辛いもの。何を食べても美味しいと思えない。だから食べなくていいやって思うんですけど人間何かしら腹に入れないと生きてゆけないらしくてだね…。そういう感じで、しばらくの間ほとんど一日一食生活を続けていた。

 

6月のある日。そこら中の空気が温んでいて、心地の悪い日。母親と二人でショッピングモールに行った。一通り店内を歩き回って、目当ての商品を購入して。帰る際、ちょうど大きなガラス戸を押す瞬間に、煙がもくもくと上がってる出店が目に入る。

炭火焼ソーセージ。無難にいい匂いがして、ふっと目をやると「これ、食べる?買おうか?」と母が。なんとなくいい匂いはしたけれど、やっぱり食べる気になれない僕は「いいや」と断った。

それでも母は「食べたくないの?」と、薫る煙も「食べたくないの?」と。あっはい。おばさんに200円を手渡す。そういう推しには昔から弱いので。

 

「自家製だからね、形がいびつなんだけどどれも美味しいよ!どうぞ選んで~」

その時、同時に焼いていたソーセージは10本ほど。その一番右にある、不恰好で背は低いんだけれど、パンパンに詰まってそうなヤツを手に取り、簡単にお礼の挨拶をして車に向かった。

 

助手席についた僕は、シートベルトをして、運転席の母親がペダルを踏む瞬間にひとかじり。「あっ」飛び出す肉汁。汚れるシートベルト。そして同時に溢れ出す涙。

「うまい…」

 な、なんか知らんけど泣ける〜〜。めっちゃ泣ける〜〜。

 

久々に、口に入れたものが美味しくて美味しすぎて、うまいと口に出す経験をして「これが正常なのだ」と再確認することができたのと、美味しいものを美味しいと感じることのできるまともな自分がいることにひどく感動した。 

 

とにかく、あのおばさんにお礼が言いたかった。出店だったからそこに行けば会えるというわけではないのが残念だった。何て感謝の意を伝えればいいのかわからないけれど、どんな形でもいいからとりあえず「ソーセージうまかったです」って言いたい。

またどこかであのソーセージを食べたい。その辺のSAとかで売ってないかな。