Entrance Part2

心を解き放て

トラベラーズノート購入レビュー|カスタマイズして鞄に忍ばせたくなる手帳です

この記事をシェアする

f:id:kmartinis:20180109111914j:plain

昨年はジブン手帳を使っていた僕ですが、そのクールな牛革の表紙に惹かれてしまい、2018はこいつを使っていくことに。そんなわけでトラベラーズノートを購入したのでレビューしようと思います。

 

トラベラーズノートとは

f:id:kmartinis:20180112172318j:plain

ざっくりとした素材感が魅力の牛革のカバーに
リフィルノートを挟んで使う自由なスタイルで
男女や世代を問わずお使いいただけるノートです。

 

旅するように人生を楽しんでほしい、そんな思いから
「手にとって旅に出たくなるノート」を目指しました。

 

使うほどに味わいの増す牛革のカバー
用途や好みで選べる豊富なリフィル
ポケットやペンホルダーの取り付けなど
思うがままにカスタマイズを楽しめる。

 

それが人気の秘密です。

 

はじめてのトラベラーズノート ミドリオンラインストア- MIDORI -| デザイン文具・ステーショナリー・雑貨のミドリ公式通販サイト

素敵なコンセプト。僕は旅好きなので、こういう商品コンセプトにはワクワクさせられます。やはり最大の特徴は、その牛革のカバーでしょうか。1年、2年、使い込んでいくうちに表紙の表情がどんどん魅力的になっていく、というのは毎日鞄に入れて持ち運ぶ甲斐があります。

 

2018 トラベラーズノートのレビュー 

今回はキャメルの牛革カバーに[バーチカル]の冊子がセットになっているものを購入しました。他の色は?リフィルは何買っとけばいいの?みたいな疑問はこの記事で解消しちゃってください。

トラベラーズノートの選び方を解説|オススメのリフィル・選び方など - Entrance Part2

綺麗な飴色、キャメル 

f:id:kmartinis:20180109111928j:plain

こちらが本体。レギュラーサイズなのでなかなかのサイズです。

 

f:id:kmartinis:20180109111931j:plain

背はこんな感じ。この金具にひもが通されてうまく閉じられています。上部、下部にはひもを通すための、写真のような切り込みが入っています。

f:id:kmartinis:20180109111936j:plain

切りっぱなしの本革のすみには「TRAVELER'S notebook」の文字が。くぅー、かっこいいな。この「切りっぱなし」というのもポイントで、限りなくシンプルな、自然な、革の風合いを楽しめます。

 

リフィルのデザインもgood 

f:id:kmartinis:20180109111938j:plain

[バーチカル]の冊子がセットになってます。半年ずつ、2冊付属していました。もちろんこの他にも[マンスリー]のセットや、[ウィークリー]のセットもあります。

 

f:id:kmartinis:20180109111956j:plain

母親に「どうよこの手帳!」と自慢するつもりで手渡したら、手の油分だか水分だかが付着して一瞬でこんな深い茶色の模様ができました。ふざけんn!味があっていい!

なるほど、1年、2年使っていったら最高の風合いに仕上がっていくんじゃあないか。そう考えるとワクワクです。

 

本屋でリフィルをいろいろ購入

f:id:kmartinis:20180109111942j:plain

幸いなことに近所のショッピングモールの本屋にトラベラーズノートの特設スペースが。いい機会だーー取り扱ってる店舗は、そう多くないーーと思ったので、 いろいろと買ってみることに。一部はAmazonであらかじめ注文しておきました。

 

2018 MONTHLY

f:id:kmartinis:20180109111948j:plain

手帳として使っていくなら、マンスリーは必須でしょう。だから買った。以上です。

 

ペンホルダー〈m〉

f:id:kmartinis:20180109111950j:plain

手帳として使っていくなら、ペンホルダーは必須でしょう、なんてことは言いません。ここは少し詳しく書きます。

 

f:id:kmartinis:20180109112000j:plain

キャメルのカバーなのにブラウンを買ったのは、アクセントになると思ったから。写真を見るといい感じじゃないですか?こうやって色を揃えずに、あえて“ズラす”のも全然アリでしょう。

 

f:id:kmartinis:20180109112002j:plain

装着してみたらこんな感じ。本革のカバーと、艶めく金具のコントラストが最高にクールです…。

 

連結バンド

f:id:kmartinis:20180109111945j:plain

なんだか地味な商品ですが、[ウィークリー]と[マンスリー]を使いたい!といった時に必須になってきます。簡単に言えば、2冊以上の冊子を閉じるためにはこのバンドがいるみたい。買っておきましょう。

 

トラベラーズノートと共にする万年筆

f:id:kmartinis:20180109094232j:plain

先日レビューした、入門機にふさわしい無印良品のアルミ丸軸万年筆をトラベラーズノートと共に使っていくことに決めました。これは僕の好きなブログ「monograph」の堀口さんのアイデアを真似ました。いつも更新楽しみにしています。

 

f:id:kmartinis:20180109094253j:plain

こうやって使っていこうかな。若干筆を取り出しにくい気がするので、この辺りは試行錯誤していきます。

 

終わりに:このノートを手に、旅しよう

f:id:kmartinis:20180109112005j:plain

付属していたシールを貼って、すっかり“トラベラーズ”ノートになってきました。このノートをお気に入りの鞄に入れて、旅先の休憩場所でさっと取り出す。そんな瞬間を想像して頬が緩みます。

レザーケア用のクリームを用いて、革製品を手入れしていくと、あっと驚くほど風合いが出てくるもの。手入れを重ねながら、経年変化も楽しんでいこう。トラベラーズノートをまずは一年使ってみてどんな感じになるか、自分でも楽しみです。2018年はよろしく。

 

購入の際はこちらを参考にしてみてください。

トラベラーズノートの選び方を解説|オススメのリフィル・選び方など - Entrance Part2