Entranced

だらだらダイアリー。心を解き放て

スイカのメッツ

思い出した。今年の夏。夜の近所を散歩していた帰り道、もうすぐで家につくというのにコンビニに入って買ったのがこれだった。メッツの超刺激スイカ味。これを手に取った時、強炭酸という喉越しの良さそうな感じと、スイカ味というレアなフレーバーに興味を持った。三ツ矢サイダーの方が安いけれど、スイカ味を手に取った。コンビニを出て、一口飲んで思ったのは、「あぁ、こういう感じね」。わかると思うけれど、いつもこんなだ。きっとあなたも、珍しい食料品を目の前にして、そしてそれを口にして、「あぁ、こういう感じね」と思ったことがある。それも一回や二回ではなく、それは日常的に存在している。その時の僕はやっぱりこういう感じかと思って、一口目でだいたい満足した。好奇心も、喉の渇きもなくなった。しかし、こういう経験をなんどもしているのに、定番を避けてまで買ってしまうのだ。今日これを持ち帰って、冷蔵庫に入れておくと、明日には新たな気持ちで超刺激スイカ味と対峙することになる。食欲、さすが三大欲求に入ってるだけあるな、ということをその時考えた。改めてツイートを見ると、シンプルに人気なかったんだね。