Entrance Part2

だらだらダイアリー。心を解き放て

AERAムック『星野源 音楽の話をしよう』

f:id:kmartinis:20180704213544j:plain

少し前のこと。6月27日。2016年からAERAで連載されていた星野源の『音楽の話をしよう』が、ムック化され、発売された。どういうことかわかりますか?

 

f:id:kmartinis:20180704214145p:plain

こういうことです。月に数回の「予定」のうちの、超スーパービッグイベントです。ちなみにもちろん発売日に購入しました。

 

f:id:kmartinis:20180704213541j:plain

AERA連載「星野源 音楽の話をしよう」のノーカット完全版
星野源さんは2016年4月から2018年3月まで、AERAで対談連載のホストを担当されました。
本書は2年間に及ぶ連載のうちの最初の1年、2016年4月から2017年3月まで掲載した「音楽の話をしよう」を一冊にまとめたものです。

12人のゲストとの対談は、AERAの誌面ではカットしたところまですべて収録し、再構成しました。
写真家・平野太呂さん撮影の写真も、見開き大、1ページ大でふんだんに掲載しています。
ミュージシャンからお笑い芸人、俳優、声優まで、ジャンルを超えたゲストの方々と、
喫茶店のカウンターで肩を並べて座り、コーヒーを飲みながらぼそぼそと話をする。
台本も質問案もありません。
ふたりの出会いから仕事への思い、ドラマの裏話、好きな音楽や思い出のCDの話まで。
星野さんがAERAでの連載を始める際に語っていた
「雑談の中には本質が眠っている」という言葉の通り、
音楽の話だけにとどまらない、読み応えたっぷりの一冊になりました。

「音楽を入り口に、あっちこっちに話が飛ぶこの会話では、
初めて聞く意外な一面や、ご本人のそのままが意外なほど記録されています」
と語る星野さん。
誌面には、ご登場いただいたゲストの方々と星野さんとの“普段のそのまま"が詰まっています。

ASMART | 雑誌 AERAMOOK『星野源 音楽の話をしよう』

 

最高だったぞ!まだざっと読みしかできていないけれど、これが1000円で読めてしまうのは堪らなく嬉しい。これはめちゃくちゃ文章のある写真集に近いものです。2000円でも買ってたと思う。(何と言っても“超スーパービッグイベントなので”)

結構深い話もされていて、ラジオの延長だなーと思う内容もチラホラ。オールナイトニッポンと同じようなわくわく感が湧き上がってくる感じ、楽しい!時間をかけて、ゆったりした場所で読みたい一冊。