Entrance Part2

だらだらダイアリー。心を解き放て

Apple Musicとかいう最強

【今年最後の大セール】:Amazonサイバーマンデー最終日!!

f:id:kmartinis:20180127190626p:plain

最近まで音楽を聴くというと、購入したりレンタルしたアルバムをiPod classicで再生、もしくはアマゾンプライムの特典である「プライムミュージック」で100万曲のストリーミング再生、こんなスタイルだった。

iPod classicはHD容量も多いですし、今は生産されていない名機(かは知らない)みたいなものですから愛着もある。プライムミュージックに関しても、フジファブリック好きなので「まぁ満足」くらいには思ってて。

 

ところが。先日購入したAirPods、こいつがヤバイ。説明するまでもないとは思うけれど、アップル から販売されてる完全ワイヤレスイヤホン。先に言っておくが僕は「ワイヤレスイヤホン」なるものを一つも所持していなかったし、有線の密閉型(ビーツのやつ)からいきなり「完全ワイヤレスイヤホン」に移行したので、ワイヤレスを体験する感動は数倍、数十倍に膨らんだ。

 

そこで。あのラフさに慣れてしまうともう有線とかやってられない。大好きな音楽が、すぐそばにあるのだ。ましてや僕はランニングが好きなので、AirPodsは生命線となっている。線ないけどwwwwwww

で、そうなるとiPod classicはワイヤレスに対応していないので、メインにプライムミュージックを持って来る必要がありまして…なぜかわからないけど僕はiPhoneの純正ミュージックアプリに星野源しか入れてはいけない縛りをしてるから…。(なぜかはわからない)

で、前置きが長くなって申し訳ないけれど結論です。Apple Musicに入りました。AirPods×Apple Music、控えめに言ってこのコンボ、神です。

 

そりゃそうだろ

そう言うことです。どちらもAppleが提供してる純正の商品・サービス。だから決して安くない・安くない。そりゃあ満足する結果になるでしょう。

でもこれだけじゃちょっとあれなのでもう少し書く。

 

個人的「Apple Musicのここがすごい」

もしかしたら、もう少し使い込んだ上でちゃんとした記事書くかもしれないです。だからこの記事ではとりあえずフランクに紹介。

3000万曲、洋楽多め。基本的にオンデマンドが軸だけど、トップページに特集とかが置いてあって新しい音楽との出会いを提供してくれる。こう言うところはさすがアップル で、この特集のレベルがすごい高い。その辺のドキュメンタリー番組よりハイクオリティで独占配信。こう言うのを見せられると月額980円が決して高いと言えなくなる。

インターフェースも文句なし。ダウンロードしてオフラインで聴くことも可能で、もともとダウンロードしてあったりリッピングしてあった曲と一緒に、同じ画面でシームレスに選択できる。レコメンド機能も精度高くて、「とりあえずなんか再生したい」と言う欲求に早急に対応してくれる。(Radioの機能もすごいらしいんだけど、まだ使ってない…)

 

で、デメリットを挙げるとしたら邦楽が弱いこと。ミスチルない。ぬう…。

 

AirPodsとの併用がすごい

f:id:kmartinis:20180121082754j:plain

ランニングがめちゃくちゃ捗るんだがwwww(最近サボりがち。寒すぎるだろ…)

AirPodsの機能に「2回トントンしてsiri起動」って言うのがあって、「トントン→〇〇の曲流して」ってsiriに頼めばオッケー。ランニング中にスマホ触るのはなんだか興ざめなのでこれはいい。

 

今更だけれど

加入して損しないと思うよ?

 

f:id:kmartinis:20181111191523j:plain