Entrance Part2

だらだらダイアリー。心を解き放て

はじめましての2人と大阪へ行って吹田コロッケを食べてきた【弾丸大阪旅行】

【今年最後の大セール】:Amazonサイバーマンデー最終日!!

少し前に、ブログやツイッターを通して知り合った、同い年(僕はまだ誕生日が来てないんで、一個下なんだけど)の二人と会ってきた。

 

僕が名古屋、一人の子も愛知県の西の方に住んでて、もう一人が埼玉に住んでる。刈谷ハイウェイオアシスってとこに集合して、会った数時間後、なぜか大阪にいたんだけどなぜ?

その日のことを思い出しながら、の簡単な日記です。

 

2人

ブログやらツイッターを通して繋がってました。

 

 

虎之助の情報少なすぎるので、世界一周してることだけ書いておく。すごいな〜。

 

はじめましての瞬間まで

集まるきっかけは、ふじっぺが名古屋に来たこと。僕のツイートに

2人が声をかけてくれて、刈谷ハイウェイオアシスで集まることに。集まったのは午後4時前。

刈谷ハイウェイオアシスで2人と合流。

 

僕:はじめまして!どの店でご飯食べる??

虎:なんかコロッケ食べたいね。大阪行かない?

僕:ん?

虎:意味がわからん

 

f:id:kmartinis:20170820203919p:plain

 

大阪に行くことになりました。遠い。

 

吹田コロッケが食いたいそうです

吹田コロッケを食べに行こう!ってことで、出会って30秒で大阪を目指すことになりました。

僕は当時飯代の1000円しか持っておらず、虎之助も似たようなアレみたいなので、ヒッチハイクで行きます。午後4時だぞ。果たして日帰りで帰れるのやら。

 

とりあえず3人でやってみる

次の日に予定があったから、なんとか今日中に帰りたい。(というか泊まる金ない)

 

ちなみに紺色の服が僕です。めっちゃラフな格好な虎之助は、スマホと財布しか持ってない。ふじっぺの持ってるホワイトボードに、大阪の文字を書き込む。

 

はじめは3人でボードあげてみたり、グーサインしてみたりしたんだけど、まぁ反応も悪い!ってことで、ひとりでヒッチハイクしてみることに。

 

 

2人には、少し隠れた場所に移動してもらいました。 

ここで「あれ?」と思うのが、これ、乗せてくれる車が出たらどうする?ってことなんだけど、もし捕まったら先に行けとのこと。まじか〜まじかよ〜〜

 

で、結局これも微妙だったんでここら辺で作戦を練ることに。

  1. 吹田SAへ
  2. SAでコロッケ食う
  3. 原則日帰り

 

このポイントは抑えねば

 

別行動

ってことで、最終的にこうなった。 

 

僕と虎之助がトイレの前で声をかける。唯一、ボードを持ってるふじっぺは引き続き、立って車が止まってくれるのを待つ。

 

 

で、ツイートにある通りふじっぺ一瞬で吹田へ向かいました。なんだこれ。

焦り。虎之助は、トイレから出てくる人に重点的に声をかけて、僕は大阪ナンバーの車から降りる人、乗り込む人を探して声をかけていく。

が、なかなか乗せてもらえない〜〜!!!ここで飯食いて〜〜!!

 

僕が声をかけた人たちは、「後部座席乗せたいんだけど、荷物が…」って言う人が多かったです。そりゃそうだわな。ざんねん

 

作戦変更。僕らもヒッチハイクすることにしました。ボードもダンボールもないので、グーサインオンリー。どこのバックパッカーだよ。これ捕まるの?

 

グーサインでもイケる

開始10分程度で、一台の車が目の前で止まる。吹田に行きたい旨を伝えると、九州に行くから乗ってけとのこと。「荷物少なそうだし、乗せる気になった」。ありがとう運転手さん。ありがとう手ぶらの虎之助。

 

渋滞を経て

ふじっぺが先に吹田へ行ってしまってから1時間くらい経過したくらい、遅れて僕らも向かうことに。

途中軽く渋滞があって、経路の変更により到着時間を大幅に早めました。これにより、ふじっぺが吹田に着いてから20分後(たぶん)くらいに僕らも到着。

着いたぜ吹田!!!(いい響き)

 

 

歩道橋を渡って、下り線に移動。売店で、吹田コロッケを購入する。

 

 

3人で、念願の吹田コロッケをかじる。まあ美味いんだけど、今なら何食っても美味いと思う。

 

f:id:kmartinis:20170820212708j:plain

 

帰る!

現地で使ったお金:80円(吹田コロッケ)

 

帰りは大型トラックで

帰りの車は比較的はやく乗せてもらえた。

 

 

僕は初めての大型トラック。助手席に乗せてもらったんですけど、フロントガラスから見える景色がまあ高い。いい経験になりました。

 一宮のPAまで乗せてもらいました。運転手さんありがとう。

 

ここからが大変

刈谷まで行って自転車を取って帰りたい僕と、虎之助の家へ向かいたい2人。(ふじっぺはとらの家に泊まるそうなので)

 

「予定があるけいいちは先帰れ!」と、ボードを渡してくれました。ふじっぺと虎之助は、離れた場所で待機。

 

f:id:kmartinis:20170820213601j:plain

 

名古屋まで着いたら名駅に向かって、そこから地下鉄で帰ろうかなぁ、。と思ってしばらく1人でボードを持っていたんだけどなかなか捕まらない。というか、もう夜の11時にもなるし、車がすくね〜〜わ

 

そもそも、「名古屋」を書いたこともミスっぽいな。完全に日をまたぐぞこれ…、ってことで、下道に降りて、僕は電車で帰ることに。最寄りの駅まで猛ダッシュ。

終電一本手前に乗らないと、自宅につけないみたい。後から知った。奇跡的。

 

iPhoneのナビに従うのはいいんだけど、なぜか道がなくなったりした。恐る恐る他の道に出て、ナビが提示する道に入ることに成功。めちゃくちゃ焦る!こわいこわい

 

足元でカエルが跳ねてるのがわかる真っ暗な田圃道。途中迷いながら、30分ほど走って駅に着きました。新しいサンダルを履いたせいで靴づれは痛いし、汗びしょびしょ。急行のエアコンが寒かった。

 

電車の中でポエム書いたり

 

僕の席に誰も寄り付かなくなったりしました。

 

地下鉄に乗り換えて、自宅に着いたのが深夜1時ごろ。お疲れさまでした(2人も結局下道に降りて、2台の車を経てとらの自宅まで送ってもらったそう) 

 

最後に

名古屋でご飯を食べながら、2人の将来の話を聞きたいなぁと思っていたら、まさかの大阪行くことになった、っていう話でした。

 

実際会ってみた2人は、

ふじっぺ:けっこう冷静。なんだけど温かみがあって、ゲストハウス愛に溢れてる。

虎之助:めちゃくちゃ社交的。会っただけで頭いいなって分かったけどいい意味で常識がない

 

って感じだった。今回はバタバタした旅だったけど、今度はもっとゆっくり会話したいと思う。

f:id:kmartinis:20181111191523j:plain