Entrance Part2

だらだらダイアリー。心を解き放て

【ペンタブ入門機】WacomのIntuos Draw CTL-490 購入レビュー

【今年最後の大セール】:Amazonサイバーマンデー最終日!!

f:id:kmartinis:20170922222744j:plain

どうもこんにちは。 いろんなサイトを参考にして、「ペンタブ入門機」みたいに紹介されていたIntuos Draw CTL-490を買いました。

ぶっちゃけむずい。買ってからしばらく時間が経っちゃったけど写真多めでレビューしてくね。

 

ペンタブを買うまでに至った経緯

どうでもいいと思うけど、一応簡単に語らせて

 

アイコン変えたい、イラストにしたい

 

愛着求めるかクオリティー求めるかで、このときは悩んだ。自分で時間かけていい感じのを描き上げるか、それとも得意な方に速く、質のいいイラストを描いてもらうか。

う〜ん、とりあえず買って触ってみないと分からんってことで購入。そうだよね。 

そういう感じです。レビューに移ります。

 

ワコム Intuos Draw CTL-490/W0のレビュー

スペック

筆圧レベル 1024
インターフェース USB
サイズ 210x10.7x169.2 mm
重さ 290 g
入力範囲 152×95 mm

 

いざ開封

f:id:kmartinis:20170922222715j:plain

パッケージがすごくおしゃれ。こんなスケッチ描けたらかっこいい。

 

f:id:kmartinis:20170922222721j:plain

カバーを取るとこんな感じ。

 

f:id:kmartinis:20170922222734j:plain

 箱を開けました。ちなみに一通り触った後に撮影しているのでごちゃごちゃしてます。

中身は、ペンタブ本体、USBケーブル、替え芯3本、アプリケーションダウンロードガイド及びコード(製品登録が必要です)、クイックスタートガイド、ドライバCD-ROM

といった感じ。

 

f:id:kmartinis:20170922222759j:plain

本体上部に、ペンが収納できる場所があります。また、4つのボタンが付いていて、ドライバで自由にカスタマイズすることが可能です。

 

PCに接続してみた

f:id:kmartinis:20170922222739j:plain

接続はUSBです。別途、ワイヤレスキットを購入して、本体の裏面に導入すれば、ケーブルレスで使うことができて、デスクがすっきりします。

 

 

f:id:kmartinis:20170922222748j:plain

付属のペンを使って、ペンタブ本体の上をなぞってみる。

 

ちなみに、はじめにドライバをダウンロードして

▶︎Drivers | Wacom

それから無料のペイントソフトをダウンロードしてみました。

▶︎FireAlpaca

 

f:id:kmartinis:20170922222754j:plain

ピント合ってなくてすいません

文字を殴り書きしてみました。なるほどね〜滑らかだ。

ちなみに、筆圧レベルを感知してくれるので、力を入れて書いたところは太く、力を抜いて書いたところは細くなります。すごい。

丁寧に字を書いてみたら、結構綺麗に仕上がったので、年賀状の加工等にもってこいかと思います。

 

簡単に絵を描いてみた 

はじめてのえ

 

f:id:kmartinis:20170912212739p:plain

 

楽しい。マウスじゃどうやってもこんな絵は描けないので、ペンタブ様様だー。

 

www.soredemotbc.com

 

Sサイズだと少し小さいかも

f:id:kmartinis:20170922222759j:plain

今回はSサイズを購入したんですが、かなりコンパクトです。

作業スペースが小さい・試しに描いてみたい、という方はSサイズで十分ですが、作業スペースがたくさんある・しっかり絵を描きたい、という方はMサイズの方がいいかもしれない。

 

まとめ:ペンタブ入門機に

長らくアマゾンで「グラフィックタブレット&ペン」部門のベストセラー1位となっているので(2017/9/23現在)、安心して購入できました。

そもそもWACOMというメーカーが、高い品質のペンタブを取り扱っているトップメーカーなので、「さすが」といった感じです。

MacでもWindowsでも使用可能なので、「絵を描いてみたい」と思ったら入門機におすすめできます。ぜひ。

 

 

▼公式の動画を貼っておきます。

f:id:kmartinis:20181111191523j:plain